スマートフォン向けサイトに切り替える
仙台市宮城野区の宮城野区ピース整骨院 >
2019/02/19

脛が痛いと思ったら仙台市宮城野区にある宮城野区ピース整骨院

こんにちは!!

今回はスポーツをやっている方たちに多い症状のシンスプリントについてです!!

 

シンスプリントとは脛の内側の痛みを感じるもので、陸上、サッカー、バスケットボールなどの走る・ジャンプなどの繰り返し動作を行う競技に多くみられます。

 

シンスプリントは軽度のものもあれば、重度のものまであり、比較的多くみられる症例です。

 

上記の動作を繰り返し行うことでなる症例ですが、実は別の部分にも原因はあります。

例えば、走り方です。

 

人間歩くときや走るときは小指側(外側)から足を地面に着きます。

それが過度に外側に足を着いてしまったり、O脚の方などは特に症状が強く出てくる場合が多いです。

 

シンスプリントはほったらかしにしても治りません。

 

原因をしっかりと治していかないと繰り返し起こしてしまい疲労骨折にも繋がりますので早めの施術をオススメします。

 

シンスプリントの患者様に宮城野区ピース整骨院では早期の復帰を目指し施術を行っています。

 

もし脛の痛みを感じたら仙台市宮城野区にある宮城野区ピース整骨院にお任せ下さい(^o^)

 

2018/12/14

脛(すね)の痛み シンスプリント 仙台市宮城野区 整骨院

こんにちは!!

今日は、部活動やスポーツを行っている方たちになる可能性が高い話題です。

 

それは脛(すね)の痛みです。

 

脛(すね)の痛みを発症する方に多いのは、走る事やジャンプをする事が多いスポーツを行っている方たちです。

 

例えば、陸上、サッカー、バレーボール、バスケ等です。

 

脛(すね)の筋肉は走ったりジャンプをする際に、つま先を上に上げる筋肉が着いています。

その動作を繰り返すとそれらの筋肉に炎症が起き、そのまま放置していると疲労骨折にも繋がります。

また、脛(すね)が痛くなる場合、多くはシンスプリントというケガの診断名が付くでしょう。

 

脛(すね)はスポーツ選手にとっては、とても大切な部分です。

そして脛(すね)を痛めてしまうと競技のパフォーマンスが低下してしまいます。

そのような事にならないように、痛めてしまったら早急に治す事も大切ですし、痛める前にケアも必要です。

 

脛(すね)を痛めてしまった患者様に、当院では電気、手技等で筋肉を緩め、しっかりと施術を行って行きます。

 

もし、脛(すね)を痛めてしまったら仙台市宮城野区にある宮城野区ピース整骨院にお越し下さい!!

 

宮城野区ピース整骨院では平日、月・火・木・金は夜21時まで受付していおります。

仕事終わりの患者様、部活終わりの患者様大歓迎です!!

お電話お待ちしております!!

 

問い合わせ

022-766-9220

 

中野栄駅から徒歩5分!!

国道45線沿いにある宮城野区ピース整骨院!!

 

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る