スマートフォン向けサイトに切り替える
仙台市宮城野区の宮城野区ピース整骨院 > BLOG > 膝の痛みでお悩みの方は仙台市宮城野区の宮城野区ピース整骨院

膝の痛みでお悩みの方は仙台市宮城野区の宮城野区ピース整骨院

2019/01/22

こんにちは!!

晴れ晴れとした天気が続いていてとても過ごしやすい天気ですね!!

冬と言えば雪ですが、今シーズンは当院の周りではあまり雪が降っていないイメージで、通勤等には楽ですが少しさみしい気持ちにもなりますかね、、、

そんな冬の雪が降る時期に多くなるお怪我を本日のテーマとしてお話しさせて頂きます。

 

雪と言えば雪山

↓↓↓↓↓

雪山と言えばスキー&スノーボード

↓↓↓↓↓

スキーとスノーボード

↓↓↓↓↓

スキー、スノーボードといえば膝のケガ

 

この時期に多くなるのが膝のケガです!!

特にスキー、スノーボーで転倒したり、バランスを崩したときにいためることが多く、中でも内側の靱帯である内側側副靱帯を痛めてくる患者様が多くいらっしゃいます!!

 

まず靱帯についてですが、簡単に説明すると関節を固定、補強する為のもので膝だけでも前十字靱帯、後十字靱帯、内側側副靱帯、外側側副靱帯など多くの靱帯が関節に付着します。

靱帯を負傷すると痛みはかなり強いのが特徴です。

中には夜間痛が強く眠れない方もいらっしゃいます。

さらに靱帯は、時には骨折や脱臼といった耳にすると、とても重いケガよりも重症化をしてしまう可能性があります。

 

というのも靱帯は一度断裂や、ダメージを覆ってしますと治す過程において慎重な作業が多く、間違ってしまうと予後に後遺症が残ります。

特に靱帯は関節に付着しているため、動かすと痛い、関節が緩くなるなどの症状が残ります!

 

そうなってしまうと、靱帯には関節を安定させることが難しくなってしまうので、周りの筋肉等を補強し関節の安定を目指します。

しかし、日常生活においては時に痛みが出るだけで問題がなくなっても、スポーツ選手の場合、膝の靱帯を断裂してしまう事は、選手生命を絶たれてしまうかもしれないとても深刻なことで、もし修復しても

それまでのブランクを考えると元のプレーを行えるということはよっぽど大変で苦痛を味わってしまいます。

 

よくサッカー選手やバスケットボール選手が膝の靱帯の断裂をしましたというニュースを耳にしますが、これは私たちが考えるよりもスポーツ選手にとっては本当に深刻なことなんです。

 

そのようなことにならないようにまずは、身体の使い方・柔軟性などを高めトレーング、またオーバートレーニングを控えるなど様々な予防策があります。

 

当院にも靱帯損傷の患者様が多く来院されます。

そのような患者様は多くはスポーツを行っている学生さん、社会人の方でスポーツがとても好きな方々です。

もちろんそのような患者様は早期のスポーツ復帰を目指しています。

 

膝の靱帯をケガした患者様に宮城野区ピース整骨院では早期の復帰を目指し施術を心がけて降ります。

 

もし膝を負傷したら仙台市宮城野区にある宮城野区ピース整骨院にお任せ下さい!!

 

PCサイトに切り替え
ページトップへ戻る